--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今更web内覧会 2】ダイニング

2012年02月01日 10:12

ダイニングはキッチンと横並びになっています。
これはうちを設計してくださった建築家の先生がお好きなパターンなんだとか。
d1
DKで約17.5畳。我が家で一番広い空間です。


角度を変えてダイニングスペースのアップを。
d2
テーブルはワタシが独身時代に買った物。椅子はインテリアコーディネーターのN先生のおススメに従って新たに購入しました。肘掛けあり、なしを2脚ずつにしています。スチール脚の形や色が思ったより良く似ていてヨカッタ

照明はPanasonicのMODIFYです。シンプルな形ですが、存在感があって気に入ってます。光り方も柔らかくてきれいです。

ダイニング用のテレビを壁掛けする、というのは最初から決めていましたので、できるだけ凸凹がなくなるようニッチを作ってもらいました。コンセントもテレビの裏にくるようにして、配線も見えず完璧!と思ったのですが、若干位置が高かったですね
ニッチの真ん中に設置することもできたのですが、そうすると椅子に座ったとき見上げる姿勢になってしまい疲れるのでやめました。余白がアンバランスになってしまったのは残念ポイントですが、3日で見慣れたのでよしとしています。


インターホンとエコキュートのリモコンもニッチの中に。こちらはキレイにおさまっています。
我が家のニッチはこの2箇所だけです。
d3


ダイニングの天井半分は、玄関と同じグレーチングになっています。
d4
最初はこの部分を吹き抜けで提案いただいたのですが、位置が中途半端なのでやめました。テーブルの真上であれば広がりを感じられてよかったかもしれませんが、ここだと冷暖房効率を下げるだけのような気がしたので。(実際に吹き抜けだったらこのエアコンからでた風はほとんど2階に行ってしまったのではないかと思われます。オソロシヤ
ですが普通の天井ではなく透明グレーチングにしたことで、ダイニングがより明るくなりました晴れた日にここで朝ご飯を食べると、とても気持ちよく一日を始められます。




以上、ダイニングでした。次回はキッチンの予定です。






ランキング参加してます
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  にほんブログ村
スポンサーサイト

【今更web内覧会 1】玄関

2012年01月30日 11:10

もう数ヶ月で3年目を迎える我が家ですので、ホントーに今更ですがweb内覧会に挑戦したいと思います。
生活感満載になると思いますが、実際に住んでみて感じた良かった点・失敗した点を書いていけたらと思っています。





ではさっそく玄関から。
玄関ドアはシルバーで横ハンドルになっています。
げんかん
工務店さんからは「横ハンドルはアパートっぽいとのことで皆さん縦ハンドルを選ばれます」と言われましたが、アパート暮らしが長かったワタシたちは使い慣れているこちらにしました。重厚感はありませんが、そんなに安っぽいということもありません。
鍵は電子錠にしました。車と同じで、鍵を持っていたらボタンに触るだけ、というやつです。いちいち鍵を取り出さなくていいのは本当に便利です。しかし自動施錠機能付きですので閉め出されないように気をつけなくてはいけません。既に一度失敗しています


さて、ドアを開けて中に入るとこんな感じです。
しょうめん
右に見えるのは納戸の扉。タイルは床の色に合わせて選んでもらいました。茶色は土や砂の汚れが目立ちにくいのでずぼらなワタシにぴったりです(笑)


靴箱は造作で作っていただきました。下に間接照明を仕込んでいます。
げたばこ
見た目優先でプッシュオープンにしましたが、靴を履くときちょっと手をかけて扉が開いてしまうことがよくあります。この動作は実際に住み始めるまで想定していませんでした。日常の生活で気づかずにやっていることは案外ありそうです。
ワタシもえあこんも風水を全く気にしないため、玄関の位置は北東。晴れの日以外は朝から照明をつけないと暗いですが、ほかの部屋の日当りを優先した結果なのでこれには不便を感じていません。

室内へのドアはフルハイトです。これのおかげでとても広い空間に感じられます。飾り棚は無印良品の物。入居後自分たちでつけました。
かざりだな


天井は半分グレーチングになっています。
てんじょう
先ほど暗いと書きましたが、これがなかったら本当に真っ暗だったと思います。中途半端な形になってしまったためどんな仕上がりになるか心配でしたが、晴れている日は2階からの日射しを届けてくれるので採用してよかったです。


無印の棚にとまっている小鳥たちは、去年の夏に行ったスウェーデンで買ってきたもの。
まるまる太っていてかわいいです。
とり






以上我が家の玄関でした~













ランキング参加してます
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  にほんブログ村

ウッドデッキのメンテナンス

2012年01月27日 11:30

半年ほど前のことになりますが、ベランダのウッドデッキを塗装しなおしました。


我が家のベランダはガルバ屋根の上にウッドデッキをのせた仕様です。約8畳の広さがあるため、FRP防水を施すとものすごいお値段になってしまったための減額策でしたが、結果的にはこっちでよかったなーと思っています。見た目もよいですし(砂やほこりが目立ちにくいのも大きい)、夏の強い日射しがあたっても足の裏が火傷しそうなほど熱くなることはありません。

しかし塗り替えは必須です!コストを下げた分、手間をかけなくてはいけないということですね

工務店さんからは2年に1度と言われていましたが、洗濯物を干すため使う頻度が高く、また物干し台の脚でこすれてしまった箇所が結構あって1年経った頃には塗装のはげが目立ってきました。永く使うためにはこまめに手入れした方がよいはず!と思ってさっそくホームセンターへ。

買ってきた塗料はキシラデコールのパリサンダ。刷毛やコテバケなどの道具も一式揃えました。



まずはデッキブラシで汚れをこすり落とします。作業前の写真を撮り忘れてしまったのでわかりにくいですが、水を流すと汚れだけでなく塗料もほとんどとれてしまいました
あらったあと
色の濃い部分が塗料の残っているところ。ほぼ木肌が見えている状態です。



半日ほど乾かしてから1回目の塗装開始。刷毛とコテの両方試しましたが、圧倒的にコテの方が塗りやすいです。外壁が茶色いのをよいことに、マスキングせずにいきなり塗り始めましたが、やはり気をつけていても壁にちょこちょこ当たってしまいますね…横着せず、きちんとマスキングした方がよいと思いました


1回目の塗装はえあこんと2人がかりで1時間弱で終了。
こんな感じになりました
1
多少ムラがありますが、一度でも結構しっかり色がつきます。


1日乾燥させて、次の日はワタシだけで2回目の塗装。
だいぶ慣れてきたため、ひとりでも1時間半かからずに塗り終わりました。
2
2度塗りした後はムラも目立ちにくく、自分では十分満足いく仕上がりです


この後道具を片付けるためペイント薄め液で洗ったのですが、これが面倒くさかった!なかなか塗料が落ちてくれないし…
ビニール袋に入れて保管していますが、次もちゃんと使えるかはわかりません




もう一箇所、庭にもウッドデッキがあって、こちらもそろそろ塗り替えた方がよいのですが、この寒空の下作業する気にはならないので…春になったら頑張りたいと思っています。








春は紫外線との戦いだが
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  にほんブログ村

ワタシの書斎ができるまで【その3】

2012年01月22日 11:42

発注してから約1ヶ月後、机と本棚ができあがってきました。

と言っても、我が家に到着したときにはまだバラバラの部材の状態で、ここから現場で細かい寸法を調整しながら組み立てていただきます。



飾り棚設置前
こちらが壁付けの飾り棚。思った以上に大きく重さもありました。(一瞬ホントに壁付けできるのか不安になったくらい

本棚設置前
本棚

棚板たち
棚板も一枚一枚キレイにオイルで仕上げられています。

枠と脚
組み立て中の様子。左右の壁に立てかけられているのが机の脚になります。幅木部分は溝を切ってぴったり納まるように細工して下さっています。下にちょっとだけ写っているのは机天板の反りをおさえるための枠です。

天板
上に乗る天板はこれ。幅160cmなので広々しています。




作業頂くこと半日…外がすっかり暗くなった頃ついに組み上がりました!!
こちらが完成したワタシの書斎です
zen

tana

tana2

部屋が狭くて写真が全然上手く撮れないのですが
飾り棚の高さも、最後に職人さんと調整して決めました。飾り棚と本棚の天面に実際に物を並べて出し入れのシミュレーションをした結果、図面よりも高くなっています。
飾り棚は柱にビスで固定した後、壁紙と同じ白の背板を貼っています。

zen2

机と本棚の天板は念願の無垢材
天板と小口の木目のつながりが美しい~天板無垢にこだわったのは、この小口部分がどうしても気になったというのが理由の1つでもありました。(しかしできあがった飾り棚や本棚を見ると、突き板で作った物も十分美しく処理して頂いていましたが)




こうしてできあがったワタシのお城。
これからここで自分磨きにいそしみたいと思います!





もう1回つづくカモ…
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  にほんブログ村

ワタシの書斎ができるまで【その2】

2012年01月21日 19:18

ワタシの書斎は入居後1年以上物置きと化してしまったわけですが、実はその間に大きな変化が2つありました。

1つはワタシの好みが変わったこと。これまでいわゆる「シンプルモダン」が大好きで、家具やインテリアも白・黒・シルバーばっかり選んでいたのですが、新しい家で暮らすようになって無垢材ダイスキになりました。これは無垢床の影響です。

我が家は1Fのみサクラの無垢を採用しました。これは素材ではなく色にこだわった結果です。しかし住み始めてみると無垢材の肌触りと質感の素晴らしさにすっかり魅了されてしまいました。2Fは予算削減のため迷うことなく合板にしたのですが、ワタシの書斎だけでも無垢にしておけば良かったと思います。これは残念ポイント
そんなわけで、建築中はオフィスデスクのようにしようと決めていた机も、前の記事で書いた広松木工さんやnautさんがいいなーと思うようになったのです。


2つめは、家を建てるときに造作家具を担当して下さったインテリアコーディネーターのN先生がお店を構えられたことです。家具やカーテンなど、既製品だけでなくオーダーにも対応したインテリアショップをオープンされました。これがめちゃめちゃ近所なんです!歩いて10分かからないくらい。家具だけでなく先生がチョイスした食器なんかも置いていらっしゃるので、時々覗いていたのですが…



そこに置かれている無垢のテーブルが素敵なんですよ~


色といい手触りといい、やっぱり素材がいいと違うわーと頬ずりしたくなるくらい(笑)
特にレッドオークのオイル仕上げが、部屋の床色とも合うし、木が多くなってもカントリー調にならずにまとめられそう!

しかも先に書斎を完成させていたえあこんから、多少予算がかかっても自分の気に入るものにした方がいいよ~という何ともありがたいアドバイスを頂き、結局N先生にお願いすることになりました。



えあこんと相談して「こんなイメージにしたい!」というスケッチをお渡しし、描いてもらった図面がこちら
デスクビフォー

本棚は天井いっぱいをやめ、デスクの天板と繋げて一体感をだします。贅沢にも天板はここも無垢材です。収納量を増やすため、壁にも棚をつけてもらうようにしています。左上の点線は、将来エアコンをつけるかもしれないのでスペースを確保しておきます。





この図面をもとにもう一度検討し、最終決定した図面がこちら
デスクアフター

本棚の収納量を増やすため、机を高めの80cmに。壁付けの棚は左右にブックエンドが必要になりそうだったのでロの字型にし、わざと幅を端まで伸ばさずに、浮いている飾り棚のようにしました。


ようやくイメージが固まりましたが、実はこの図面も最終にたどり着くまで3ヶ月くらいかかました。ついに発注となった頃には、ワタシの2度目の研修もほぼ終わりにさしかかっていたのでした。





つづく
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  にほんブログ村



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。